平田木綿街道 秋の鏝絵展・・・主催 しまね左官伝承会
  
山陰中央新報 平成30年10月13日土曜日

 秋晴れの平田2回目の鏝絵展ご来場お待ちしています会場・・・出雲市平田町841 木綿街道交流館
平田鏝絵展 初日から沢山のごらい館ありがとうございます。 しまね左官伝承会会長 小沢友三
 
黒崎さん真剣です力が入っています。
外国からのお客様です。

 
   
1:   昇龍 2: こうりゅう 3:  昇龍
作者  〒692-0034 島根県 安来市宇賀莊町103-1  荊尾 隆 (かたらお たかし)

電話 0854-22-4647  fax 共通  携帯 090-5266-8938

雲州平田 木綿街道交流館  展示作品
   
   
  初日から外国人観光客のおいでがあり
今日の主役 黒埼さんも力が入っていました。 
真剣に鏝を動かす黒崎さんです。
これは予定外だったでしょうね。
ご苦労様です。 
 
  予定外のお客様でしたねー真剣に
写真撮っていらっしゃいましたよ
職人の技術を取りたかったんでしょうね
普通の観光ではこのような光景は
ないでしょうからねー
昨日は会場準備中東京からの夜行
バスで千葉と愛知県からの女性客二人が
おいでになりました。
ありがたいことですねー 
このようにとても真剣に観察していましたよ
黒崎さんも手を休めませんでしたね
汗が出たんじゃないですか 
 
 
  光る泥団子簡単なようで意外とできませんよ
大きさ乾燥具合土の種類

大田市森山左官職人 作

彼は一個仕上げ3分くらいでこのように
仕上げてしまいますよ。これ地球儀に
見えませんか不思議ですねー 
 時計 作者 品川博
(ドライウオッシュ工法)
大田市仁摩町馬路の鳴き砂を用いて
作った作品です。乾式工法
このほかコンセントプレートなどもあります。
 
  作者 品川 博
赤はぜ 
乾燥した魚に見えませんか
焼いたら食べられるようなとてもセメント
作品とは思えませんね。

ただいま更新中

次のページへ